鹿児島市で現役モデルも絶賛の美容鍼灸を行う治療院はこちら!

幸せのもり治療院


院長挨拶

IMG_53691(小).jpg

 
ごあいさつ】
初めまして、鍼灸・マッサージ師の飯川と申します。
治療家として18年目を迎え、これまでに数多くの患者さまの治療にあたって参りました。


その経験の中で感じた事ですが、患者さまが一番苦しんでおられるのは、『痛み』以上に、その『痛み』『苦しみ』『悩み』を周囲の人に理解して頂けない事だと感じております。


身体の『痛み』や『苦しみ』は他人では分からないというのは否定できない事実ですが、その『悩み』を理解しようとして下さる人の存在が、悩んでいる方の最大の救いだと私は思っています。


だからこそ、私の治療家としての根底には『患者さまに寄り添う心』があり、その上に『治療技術』の提供があります。


治療家歴18年といえど、この治療業界ではまだまだ若く経験が足りないのも事実です。それでも『心ある施術』を18年経った今でも、治療を始めたばかりの頃と変わらない気持ちで続けられていると自負しています。


患者さまの『痛み』『苦しみ』『悩み』を改善していくのは、治療家の『治療技術』だけで出来るものでは無く、また患者さま自身の『努力』だけでも難しい事です。患者さまと私たち治療家が共通の思いの下、一緒に改善を図っていく事で、初めて身体の改善と共に患者さまの『悩み』を解消していく事に繋がると思っています。


気持ちだけでも無く、技術だけでも無い、18年の経験を下に、お一人お一人の患者さまに『心』と『技術』で向き合うスタイルが、今の私が提供できるサービスです。


身体の事で悩み苦しんでいる方が、一人でも多く『笑顔』溢れる人生を送れるように、これからも治療家として日々進化して行きたいと思っています。
 


美容に対する思い】
最近は、食事の変化や生活スタイルの変化によりお肌のコンディションが悪く、色々な症状が出てしまう方が多くなっています。特にアトピーの方などは、お肌の調子が悪い為に、人生そのものにも影響を与えてしまいます。アトピーの症状として痒みなども大変ですが、見た目の変化に苦しんでいる方も多くいらっしゃいます。
だからこそお肌に対して、医療としてのアプローチが必要で、副作用の無い『はり』『きゅう』が最も有効的で効果を発揮する技術だと思っています。


また、年を重ねる事でしわが増えていき、今まで化粧をしない日は無かったのに『綺麗になる意欲』が無くなり、化粧を全くしなくなってしまい、性格まで暗くなってしまう方もいらっしゃいます。しわを気にしない方にとっては、『しわくらい…』ですが、気にされる方は、しわが増えた事で、生き方そのものまで変えてしまう事になってしまいます。


男性の方も『油肌』で娘に嫌われたり『乾燥肌』で顔からも粉が出て悩んでいらっしゃる方も少なくありません。


顔はやはりその方の鏡の部分なので、間違いなく綺麗にしていた方が良いと思います。
その為、お肌に悩みを持っている方は、『美容』に対して後ろめたさが有ったりするようで、敬遠される方がいらっしゃいます。
ですが、『そんなの関係ない』と私は言いたいです。私は医療家でもあるので症状の改善という分野に長く携わっていますが、マイナスからゼロに戻すだけでなく、さらにその上の『美しい輝きを手に入れましょう。』と言うのが私の提案であり、その為に施せる技術が医療美容『アンチエイジング美容鍼』なのです。

症状の改善が医療ですが、毎日を楽しく過ごす為には、前向きな気持ちが必要で、そこには『美容』が大きく役に立てると思っています。


『美容』というと、高貴で気高いものというイメージがありますが、私はもっと気軽に『美容』を提供できる治療院としてお役に立ちたいと思っています。老若男女多くの方に美容を取り入れて頂き、美容をきっかけに活き活きと輝ける人生を送って頂けたら、それは私にとっても最高の喜びでもあります。


プライベート紹介】
・昭和53年10月15日生まれ
 
・O型

・既婚、長女(2才)、長男(0才)の4人家族

・趣味(カメラ、ジョギング、筋力トレーニング)

・『これからの人生の中で、今が一番若い』(座右の銘)


【治療家経歴】
21歳の時に整体院を自ら開院、7年間整体師として治療を行っておりましたが、整体のみの治療に限界を感じ、鍼灸の資格を取りに、28歳で鍼灸学校に入学。
在学中も、治療院で指圧技術の向上を図りながら治療の幅を広げる。
鍼灸学校卒業後は、指圧治療の経験を積む一方、高齢者の在宅治療も兼任。ここで、高齢者のお話などを聞き『若い時の無理が、後々身体を蝕む』という事を実感。
 
現在も高齢者の在宅治療を続けながら、『幸せのもり治療院』を運営して、まだ仕事をしている方々が、健康で美しく活き活きとした人生を送れるようなお手伝いをしております。


【人生経歴】
【3歳】
yousyouki.jpg
白黒写真に時代を感じますが、『永井大さん』や『長谷川京子さん』『秋山竜次さん』等と同年代です(笑)


【12歳】(小学校野球部)
syougaku.jpg
小学校時代は、2年生から6年生まで野球をしておりました。平日は、学校が終わってから毎日野球、休日はいつも弟とゴムボールで野球と毎日野球をしている日々でした。


【15歳】(中学校野球部)
tyuugaku.jpg
『日焼けなんて関係ない!』
と過ごしていた中学時代!!
今になっては、この頃の紫外線ダメージが今の‶しみ”の原因なんだろうなぁと感じつつ、でもこの頃は外で遊んでばかり…。もっと勉強する子だったら、今のしみも無かったかもしれない(笑)



【17歳】(高校ボクシング部)
boxng.jpg
自分が通っていた学校に『ボクシング部』が無く、隣町にある高校のボクシング部に通って習っていました。ボクシングを始めたきっかけは…、
『ろくでなしブルース』!!前田太尊に憧れて(笑)



【18歳】(友人らと)
koukouzidai.gif
高校生後半は両親と別居で一人暮らしをしていたので、ご覧の通りのたまり場となる我が家
この時代が青春と呼べるひと時でした



【21歳】(飼料会社勤務)
rifuto.jpg
高校卒業で就職して、最初の就職先が飼料会社でした。完全なる肉体労働でしたが、若かったですし、良い先輩方に囲まれて楽しい職場でした。



【23歳】(整体師として独立)
ryouzyutu.jpg
飼料会社に努めながら、週末に福岡に通い『整体師』の認可を取り、その後『療術師会』という別の団体で、施術家として学んでいきました。
写真は、名古屋で開かれた全国療術師学会in名古屋で、鹿児島の大御所先生方と名古屋城見学時のもの。ベテラン先生方には、可愛がっていただきました。



【30歳】(鍼灸学校時代)
singaku1.jpg
28歳で、鍼灸学校に入学。
それでもクラスでは丁度中頃の年齢。一回り下の子達と二回り近く年上の方などと一緒に学んでいました。クラスに年齢幅があったおかげで、治療技術や知識だけでなく、幅広い学びの場ともなりました。



【33歳】(鍼灸マッサージサロン勤務)
maza-2.jpg maza-.jpg
治療家として、もっともお世話になった職場です。
鍼灸学校の学生時代から勤めさせて頂き、ここで学んだ事が現在の私の土台となっております。
厳しくも楽しい職場でした。

 




推薦状

IMG_1345.JPG
IMG_1233.JPGーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

17270164_1084064898365535_1906297612_n.jpg

 
飯川先生とは大阪で行われた鍼灸治療の勉強会で初めて知り合いました。慣れない大阪会場で九州からの参加者は私と飯川先生、それに共通の友人の先生だけでしたので、すぐに意気投合し一緒に勉強することになりました。 飯川先生は私よりも鍼灸師としてのキャリアを長く積んでいらっしゃいますが、勉強しようとされる意欲が強く、治療に純粋で、患者さんに対しても熱い心を持った方だという印象があります。 また先生は非常に朗らかな方ですので、初めて来院される方にも緊張感無く優しく接して下さるはずです。小さなお悩みでも遠慮せずに投げかけて見て下さい。きっとお力になってくださる事と思います。 鹿児島市で鍼灸院をお探しの方にはぜひ飯川先生を推薦させて頂きたいと思います。
株式会社まめの樹代表取締役兼まめの樹治療院院長中村正樹
 

幸せのもり治療院のご案内

住      所:
鹿児島市小川町10-16 
エクステンド小川町201
アクセス:
JR鹿児島駅より徒歩3分
桜島桟橋通駅(市電)より徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
099-225-2220
受付時間:
午前診療 9:00~13:00
午後診療 15:00~19:00 (最終受付18:00)
定休日:
月・火・木・金
(水・土・日営業)

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ