鹿児島市で現役モデルも絶賛の美容鍼灸を行う治療院はこちら!

幸せのもり治療院


しみの原因と解決方法

しみとメラニンの関係

450×321.jpg
しみと言うとイコールで『メラニン(色素)』といイメージが大きくないでしょうか。
でもこの『メラニン(色素)』は体にとって必要な物質で、実は紫外線から身を守ってくれているのです。紫外線は「水ぶくれ」「炎症」などの火傷皮膚がんの起因ともなる光線なのですが、この紫外線に対して、バリアを張り体を守る役目にあるのが『メラニン(色素)』なのです。

もし『メラニン(色素)』が体で作られないとしたら、紫外線を浴びて火傷をしやすかったり、皮膚がんの発症率が高まってしまいます。ですので、しみの原因となる『メラニン(色素)』は必ずしも悪者ではないのです。

メラニンは色素ですが、その中でも暗色の色素なのでしみは黒く残ってしまうのです。白蝶の様に白色の色素であればしみで悩む事もないのでしょうが…

しみを起こす8つの原因

紫外線ダメージ


乾燥肌


ニキビ


過剰なスキンケア


生活習慣の乱れ


ストレス


睡眠不足


喫煙

30代、40代のお悩みNo1

ある美容整形外科の年代別『お肌のお悩み』で‶しみ”が30代、40代の一番の悩みと出てました。
30代~40代になると‶しみ”が出だしてくるので、『20代の時には無かったのに…』という様な思いで、一番気になる部分となってくるようです。

しみは、昨日今日の紫外線ダメージで出てくるものでは無く、長年かけて蓄積された肌ダメージによって出てくるものなので、そのダメージを蓄積しないためにも、少しでも早く、お肌のケアに取組み事が大切になってきます。

しみに対する『アンチエイジング美容鍼』の効果

image3.jpgのサムネイル画像
アンチエイジング美容鍼を受けられる事で、血流が改善され自律神経が整って行き、結果的にホルモンバランスも整える事になります。

しみが起こるのは、血行不良とホルモンバランスの乱れが大きく関わってきます。ホルモンバランスが乱れ出すのが40代と言われていますが、不規則な生活や偏食などが続いていると、まだ若い年代からホルモンバランスの乱れがみられてきます。そうならない為にも出来れば生活を整えながら、なるべく若い時期にケアを始めるのがオススメです。

しみに対してのアンチエイジング美容鍼ですが、正直‶しみ”が出来てからの期間が長ければ長いほど美容鍼を施しても消えにくいのが事実です。ですが、‶それ”はしみを0にして無くすという意味であって、目立ち度数が100あったものを20とか30にして、目立ち度数を下げていく事は可能です。
そういう意味では、アンチエイジング美容鍼も‶しみ”に対して有効だと思っています。

幸せのもり治療院のご案内

住      所:
鹿児島市小川町10-16 
エクステンド小川町201
アクセス:
JR鹿児島駅より徒歩3分
桜島桟橋通駅(市電)より徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
099-225-2220
受付時間:
午前診療 9:00~13:00
午後診療 15:00~19:00 (最終受付18:00)
定休日:
月・火・木・金
(水・土・日営業)

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ